新着記事一覧
(11/04)労働者紛争解決デスク(麹町社会保険労務士事務所)概要
(12/02)「ブラック企業」対策へ離職率公表…新年度から(読売新聞)
(08/13)竹内結子がブラック企業に喝! 日テレ連ドラ初主演で労働Gメンを演じる(webザテレビジョン)
(08/09)「ブラック企業」を初調査=9月から4000社対象―厚労省(時事通信)
(08/02)伊藤忠、残業削減へ早朝手当を厚く 全社員対象(日経新聞)
(03/27)東京エムケイ側に賠償命令/元社長の暴行、暴言認定(共同通信)
(12/28)育児休業社員に降格・減給、会社側賠償額を増額(読売新聞)
(12/26)新任教諭自殺は公務災害/問題行動で負荷と静岡地裁(共同通信)
(11/18)過労死の企業名公開命じる/大阪地裁が初の判決(共同通信)
(11/10)契約社員4人の解雇撤回/JFE下請け会社が和解(共同通信)
(10/20)残業代不払い123億円=労基署が1386社指導―10年度(時事通信)
(08/31)オリンパス社員が逆転勝訴=内部告発後の配転無効―「人事権の乱用」・東京高裁(時事通信)
(08/09)守衛の仮眠、休憩は労働/賃金170万円支払い命令(共同通信)
(01/28)解雇無効と賃金支払い命令 旧GW子会社に横浜地裁(共同通信)
(01/11)資格学校のTAC社員、過労死 労基署が労災認定(朝日新聞)
(01/05)非常勤講師の解雇無効/新潟地裁が“救済”判決(共同通信)
(12/14)<提訴>「すき家」運営ゼンショー、団交拒否 労組、362万円賠償求め(毎日新聞)
(10/21)上司の叱責「心理的負担」 会社員自殺、労災認める(共同通信)
(10/20)「非正規」賃上げ幅、正社員以上を要求へ…連合(読売新聞)
(10/15)休暇取得率47.1%=政府目標遠く―厚労省調査(読売新聞)
2013年08月13日

竹内結子がブラック企業に喝! 日テレ連ドラ初主演で労働Gメンを演じる(webザテレビジョン)

日本テレビ系で10月期より、新連続ドラマ「ダンダリン・労働基準監督官」の放送が決定。主演の段田凛(だんだ・りん)役には、竹内結子が起用されることが分かった。竹内は本作が日本テレビ系では初の連ドラ主演作となる。

原作は週刊モーニング(講談社)で'10年に連載されていた漫画「ダンダリン一〇一」。労働基準法が遵守されているかを監督する厚生労働省の出先機関・労働基準監督署を舞台に、労働者の保護を職務とする労働基準監督官にスポットを当てた作品だ。

竹内が演じる凛は、立川西労働基準監督署で働く女性監督官。融通が効かない、曲がらない、ダメなことはダメと言うといった一本気な性格の持ち主で、労働者を守る「労働Gメン」として日々奮闘。事なかれ主義で働く男性監察官を巻き込んで、ブラック企業の経営者や経営者の後ろ盾となっている悪徳社労士と対決していく。

また、作中では凛の活躍のほかにもサービス残業や名ばかり管理職など、昨今の労働問題にも切り込んでいき、働く人のための「お仕事エンタテインメントドラマ」を目指していくという。

「ダンダリン・労働基準監督官」は、日本テレビ系で今秋スタート。放送開始日は未定となっている。(8月12日 webザテレビジョン)